【ビタミンK】ためしてガッテンで、再び長寿の食べ物「納豆」登場?注目のビタミンの欠乏症には注意を!

ためしてガッテンと言えば、ビタミンですね・・・という訳ではありませんが、これまでに健康にいい食べ物がいっぱい紹介され続けてきました。
長寿番組だけに、何度も紹介された食べ物は多いのですが、ブロッコリーやカリフラワー、青魚の鯵や鰯、コーヒーとか納豆とか、最近では高野豆腐も出ましたね。
牛肉も豚肉も、ためしてガッテンにかかれば、体にいい食べ物として紹介されます。


Amazonアソシエイト


「夢の長寿のビタミン」と言うと、何を思い浮かべるでしょうか?
ビタミンCはみかんやレモンやいちごに入っているので、非常に身近ですし、ビタミンBとかビタミンB2とか、ビタミンDとか、そんなビタミンもとても耳にする機会が多いです。
血管の若さというキーワードが入っているので、注目すべきは、ビタミンKです。
「国家戦略」のKですよ。
ビタミンAとかビタミンKは、CやBに比べると地味な存在ではありますが、ビタミンKはとても注目されているんですよね。
難しい話が分からない人にとっては、何を食べればいいかということが気になるでしょうけど、とりあえずビタミンKが入っている食べ物は、納豆とかワカメとかほうれんそうとかパセリとか、他には、小松菜や春菊などです。
パセリなどはあまり食べる機会は少ないので、とりあえず、納豆を食べておきましょう。
そうすれば、長生きできるかもしれません・・・。安易すぎますか、そうですか。



スポンサードリンク
Ads by google

ビタミンKは、水溶性ビタミンか脂溶性ビタミンかで分類すると、脂溶性ビタミンになります。
これは、大学の栄養学概論の講義で習った気がします。
「脂溶性ビタミン」という言葉は覚えていましたけど、それが何なのか、かなり記憶が曖昧になってしまっていますが、そこはNHKさんがカバーするということで、受信料を支払っている価値があるってもんです。
そして、大学では習った記憶はありませんが、このビタミンKが骨粗しょう症動脈硬化に効果があるのです。
つまり、血液の凝固や組織の石灰化の働きを助けるのですね。
逆に、欠乏すると、出血傾向にあるので、注意が必要です。
摂取しすぎは良くないのかもしれませんが、ほどほどに摂取しておく必要があります。


Amazonアソシエイト


ビタミンKには、K1〜K5まであります。
納豆に多く含まれているのは、ビタミンK2だそうですが、とりあえずビタミンKを摂取するために、適度に納豆を食べておきたいものです。
発酵食品は体にいいということは、別のためしてガッテンでも放送されていた気がしますし、たんぱく質も豊富ですしね。
私が好きな納豆は、とろっ豆です。これは、豆が柔らかくて、とてもおいしゅうございます。
少し高いのですが、いなげやで安い時に買うことが重要であります。

ためしてガッテンでは、心筋梗塞とか動脈硬化とかを防ぐための指導が行われることが多いですが、このビタミンKもその傾向で、今回の放送でも動脈硬化の防止にビタミンKが役に立ち、死亡率の低下のことにも触れるでしょう。
「長寿」という言葉を使うNHKのテクニックは、あまり好きではないのですが、まぁためしてガッテンらしいということで、さらっと流しましょう。



スタジオのゲストは、榊原郁恵、岡田圭右、山瀬まみさん。
岡田の派手なリアクションに失笑しながら、ビタミンKの欠乏は防ぎたいと思います。



スポンサードリンク



Ads by google

posted by カップ橋商店街 at 08:41 | Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。