【小林正典】グリコのマーケティング部の部長がプロフェッショナル仕事の流儀へ!菓子職人ではないよ。

グリコのマーケティング部なんて、普通の人では入社できませんが、とても面白そうなお仕事ですよね。
そのグリコの部長さん、小林正典さんが、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀に登場します。
これまでには、職人とか特殊能力を持っている人が登場する場合が多いというイメージが強いこのプロフェッショナルですが、サラリーマン登場する感じ、なかなかいいですね。
まぁ、サラリーマンも立派なプロフェッショナルですからね。


Amazonアソシエイト


小林正典というお名前は、同姓同名さんも多くて、日本テレビの名物プロデューサーで事件を起こして起訴だか不起訴になった人もいますね。から騒ぎを担当していたプロデューサーさんだったようです。
この方のほかにも、国土交通省の小林正典さんとか、コーセーの役員の小林正典さんとか、ゴルフの小林正典さんとか、アニソンで有名になった小林正典さんがいるようです。
でも、プロフェッショナルに登場するのは、グリコの小林さんですよ。
数学が得意かもしれないし、ゴルフが得意かもしれないし、はたまたアニソンも歌うのかもしれませんけど、この小林さんは、とりあえずマーケティングのプロという事で・・・。



スポンサードリンク
Ads by google

NHKでは、企業名は出ないのでしょうけど、番組の予告で大きなポッキーが出ていますね。
ポッキーという名前もグリコという社名も編集でカットするには、それなりの技術がひつようでしょうね。
それも、NHKのスタッフのプロの技術という事で、素晴らしいことです。
お菓子のマーケティングのお仕事って、苦労も多いと思います。
いろいろな商品があって、いろいろなターゲットがあって、現在はネットでの情報拡散などの時代ですから、単純に美味しいお菓子を作っても、どんな流通でどんなプロモーションをして、どんな風に展開していくのか、マーケッターのお仕事なのでしょうね。
もちろん、私は、マーケットの「マ」の字も知らないのですが、美味しいお菓子を待っておりますよ。
好きなお菓子は、カルビーのポテトチップスと湖池屋のポテトチップスです・・・・。
グリコではなくて、ごめんなさい。ポッキーは、そんなに好きではないですけどね。
プロフェッショナル仕事の流儀に出た後は、マツコの知らない世界にも登場していただいて、ブランド力の強化をしていただきたいと思います。がんばれ、小林さん!

番組の予告編にも書かれていましたが、お菓子って、毎年1000種類もの新商品が登場して、そして姿を消していくという厳しい世界なのです。
車や住宅のような耐久消費財とは全く違ったマーケティング戦略が必要でしょうし、ビールのような少ない種類とも違った戦略なんでしょうね。
そんな中でもヒット商品を生み出す小林正典さんは、すごい!
おっさんですが、お菓子を食べまくっていて、ギャルとか主婦とかスイーツ男子とかの気持ちも分かる舌をお持ちなのでしょうかね。
54歳という年齢の割には、菓子を食べている割には、デブではないところにも、自己管理能力が優れていそうな雰囲気があります。
ちょっとイケメンですな。。。

部下は15人いるそうですが、小林さんを見て育っていくんでしょうね。
中間管理職として、生意気な部下からも、役員からも、間に挟まれお菓子の商品開発。
サラリーマンの意地をテレビで拝見したいと思います。



さて、たまには、ポッキーを買ってみるかな。
グリコアーモンドチョコレートが食べたい気分ですけどね。


スポンサードリンク



Ads by google

posted by カップ橋商店街 at 18:46 | Comment(0) | プロフェッショナル仕事の流儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。