【猪又涼子】2020年のオリンピアンに伊那西高校の新体操女子が登場!リボンとボールが得意?

東京オリンピックで金メダルを狙う若きアスリートに注目する「めざせ!2020年のオリンピアン」は、ミライモンスターのパクリなのか?それとも、ミライモンスターが2020年のオリンピアンのパクリなのか?
まぁ、そんなことは、関係ないけど、将来が楽しみなアスリートを応援するという共通点があります。


Amazonアソシエイト


2020年のオリンピアンに、長野県の伊那西高校で新体操を頑張っている猪俣涼子さんが登場します。
猪俣と言うと、阪神ファンがドキッとするような苗字ですし、作曲家のような気品を感じる苗字ですし、涼子さんと言うと大物女優であったり、アスリートな感じがしますし、なかなか素敵な名前ですね。
猪俣ではなく、猪又らしいですが、何か?
篠原涼子をイメージして猪又涼子さんを見ると、ちょっと違う印象ではありますが、新体操の涼子さんはこれまでにも多くの表彰を受けている実績のある選手です。
美しさだけでも、力強さだけでもダメな新体操では、どんなテクニックが要求され、2020年のオリンピアンではどんな指導がされるのでしょうか?



スポンサードリンク
Ads by google

この放送では、新体操の村田由香里さんが指導します。
アテネオリンピックとかシドニーオリンピックにも出場した先生は、今は日体大の新体操部の監督をしているようです。
さすがに、秋山エリカとか山崎浩子は呼べなかったNHKではありますが、この番組での指導者は、大御所ではなく若手の実力派を選びますからね。
きっと、テニスの若手が出るときは、松岡修造ではなく、鈴木貴男が出るのではないかと予想しているところであります。
村田由香里さんの体の使い方の指導、どんなものでしょうか?
伊那西高校の生徒って、どうも頭よりも体のイメージがあるのですが、しっかりと体が理解して、上手になるといいですね。
ボールとリボンが得意という猪又涼子さん、高校では圧倒的な強さなのですが、これから上を目指すためには、表現力ですね。
表現力だけでも高得点が出ないところが新体操の難しさです。
フィギュアスケートとかシンクロナイズドスイミングのような採点競技では、独特の難しさがあるのですが、いい表現力が必要なスポーツって、見ていてイライラするんですが、そのあたりはどうすればいいのでしょうか?

まぁ、誰もが納得するような演技ができるように、猪又涼子さんの挑戦は続きます。
東京オリンピックで素敵な演技を見せてくださいね!
NHKの番組の予告では、西伊那高校って書いてあったけど、どんまいです。
上田西高校とか、伊奈学園総合高校とか、そんな感じの間違え方をしなくて良かったですね。



スタジオのゲストは、バドミントンの潮田玲子ちゃん。
潮田玲子ちゃんと杉山愛ちゃんのときの、オリンピアンはなかなか楽しいので期待してしまいます。
やはり、世界で戦う女性アスリートは、NHKではトーク力が重要であることを考えさせられます。
それに対して、もっと頑張ってほしいアスリートは、益子直美です。
新体操が関係なくなってしまいましたが、2020年のオリンピアン、新体操の猪又涼子さんを応援しております!



スポンサードリンク



Ads by google

posted by カップ橋商店街 at 09:48 | Comment(0) | NHK2020年のオリンピアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。