【ためしてガッテン】パプリカの黄色やオレンジの栄養素が凄い!効能抜群、日持ちするピクルス!

ためしてガッテンでは、頑なまでの野菜摂取や青魚推しが見られますが、野菜とか果物のパワーを語らせたら日本で一番上手な番組だと思います。
健康に気をつけている老人たちは、ためしてガッテンとキミマロを見ていれば幸せになれるってもんです。

そのためしてガッテンでは、パプリカが登場します。
ピーマンに似ている形状のパプリカは、ピーマンよりもちょっと高くて、オレンジや黄色で鮮やかではありますが、そんなに頻繁に食卓に出てくる野菜ではありませんね。
もやしの近くに置いてありますけど、我が家も買うことは少ないです。
肉と炒めるときは、パプリカではなくピーマンですな。


Amazonアソシエイト


それでも、ときどき買うときはどんな時かと申しますと、ピクルスを作るときに買います。
ピーマンとピクルスの違いは、色だけではなく、肉厚かどうかということだと思います。
ピーマンよりも、肉厚のパプリカはマリネにぴったりです。日本語でいうと酢漬けか?
日持ちもしますからね。2日くらいで食べてしまいますけど。



スポンサードリンク
Ads by google

ためしてガッテンでは、黄色やオレンジのパプリカの栄養価や効能について、お話があるでしょう。
見るからに栄養がありそうな色をしていますけど、トマトのようなリコピンとかビタミンCとかビタミンAとか、入っていそうです。
栄養も緑のピーマンとは異なるのでしょうけど、新鮮なものの方が栄養価が高いはずなので、買ってきたらさくっと食べてしまいましょうね。
サラダやマリネのように、生で食べるのもいいですが、ビタミンCは加熱すると破壊されますので、中華料理の酢豚などのレシピには、「ささっと炒めましょう〜」なんて書いてあります。
マイナー野菜なので、栄養学の時間でもパプリカって、あまり登場しなかったような記憶しかありません。
ピーマンの栄養素は、栄養学の先生が話していたような記憶がありますが・・・。
パプリカのマリネとかレシピの効能は、疲労回復!といいたいところですが、心の疲労回復にはある程度の効果が認められるかと思われます。
科学的にではなくて、心理学的見地からのパプリカの効能です。



ためしてガッテンの番組予告では、サラダだけではなく、パプリカを使ったおかずも登場するようです。
真っ黒に焦げたパプリカの皮をむいている動画がNHKのホームページに載っていて、いかにも焼きナスのようであります。
そして、パプリカの粉末、パプリカパウダーの活用法も紹介されました。
ためしてガッテンだからこそ、イチゴとかバナナとか、お刺身、鯵などに振りかけていただきたいところ。
山瀬まみがそれを食べて、「意外と悪くない!!」とギャーギャー騒いで、これがおばあさんの心を掴むのです。
栄養過多もダメですが、パプリカで栄養補給するといいことが全国ネットで放送されて、一時的なパプリカパウダーの品薄が起きるのだろうか・・・。そんな時には、素直にパプリカを買いましょうね。
198円ではなく128円で購入したいところだ。



スポンサードリンク



Ads by google

posted by カップ橋商店街 at 11:07 | Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。