【湊かなえ】アナザースカイでトンガへ!結婚する前は青年海外協力隊だった一流作家の原点とは?

告白、母性などの作品で知られる人気ミステリー作家の湊かなえさん。
日本テレビのアナザースカイに出演して、以前滞在していたトンガが湊かなえさんにとってのアナザースカイであったことを告白します。
まぁ、告白するってほどでもないですがね。


Amazonアソシエイト


湊かなえさんは、広島県の因島出身で、因島高校を卒業しています。
この因島高校でピンと来た方は、東ちづるファンかもしれません。
私は、東ちづるファンではありませんけど、東ちづるが「私は、いんとうのいんこうのまんけん(因島の因島高校の漫画研究会の意)出身です」と何度もテレビで言っていたのを、今でも良く覚えています。
で、湊かなえさんが、この因島高校を卒業してからは、武庫川女子大学に進学しました。
一度は、アパレルメーカーで働いたようですが、青年海外協力隊に入りました。
JICAで青年海外協力隊になるには、多少の語学力と健康な心身と気合が必要ですが、それらの資質は備わっていたようですね。
語学力は、英語が通用しない国に行く場合でも、TOEICで390点ぐらいは最低でも必要らしいです。
大学を卒業している人、大学に入学できる人のレベルでは400点くらいは、スコアを持っている人が多いので、その条件はクリアしているとは思いますが、それでも派遣先がトンガっていうのは、焦ったでしょうね。
このあたりは、アナザースカイでも「トンガに決まった時はどうでしたか?」とか、今田か瀧本美織が言いそうです。

続きを読む



posted by カップ橋商店街 at 11:47 | Comment(0) | アナザースカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。